CAR

Information

ポルシェ・ミッションEクロスツーリスモを公開、 未来の電動SUVのカタチがここにある

ポルシェは、EVクロスオーバーをジュネーブで発表

ポルシェは、スイスのジュネーブ・モータショーにおいて、電気駆動クロスオーバーユーティリティビークル(CUV)「ミッションEクロスツーリスモ」を世界初公開した。このコンセプトモデルは、2015年のフランクフルト・モーターショーで初公開されたスタディモデル「ミッションE」の派生車種となる。

ミッションEクロスツーリスモは、様々な場面での走行を想定しているだけでなく、ユーザーの嗜好に合わせたフレキシブルなインテリアを採用。あらゆる種類のスポーツイクイップメントを搭載可能にし、たっぷりとしたスペースを確保。最新のマウントシステムにより、サーフボードやポルシェ・バイク、もちろんゴルフバッグも余裕で飲み込むラゲッジルームを備える。

インテリアにはタッチスクリーンと視線追跡装置を備えた、ディスプレイ&制御システムを採用。800Vの急速充電ネットワークに対応しており、従来の充電ステーション、または「ポルシェ ホームエネルギーマネジメントシステム」による充電が可能となっている。リチウムイオンバッテリーは、わずか15分の充電で、約400kmもの走行が可能だ。

搭載された2機のモーターは600ps(440kW)を超えるシステム最高出力を発揮。0→100km/h加速は3.5秒未満、0→200km/h加速は12秒以下という、スーパースポーツ顔負けのパフォーマンスを発揮。電気自動車では前例のない連続的な出力レベルを実現したことで、パワーを損なうことなく連続して何度でも加速を開始することができるという。

ゴルファーに最適なユーティリティ

ポルシェ・トルクベクトリングを装備した4WDシステムは、トルクを自動的に各ホイールに分配して、コンディションに合わせてパワーを路面に伝達する。また、アダプティブエアサスペンションは50mmまで車高の調整が可能。すでにお馴染みとなった「ポルシェ ダイナミックシャシー コントロールシステム(PDCC)」により、コーナリング時のロールを抑え、起伏の激しい路面でも横方向の安定性を確保している。

純然たるコンセプトモデルのミッションEクロスツーリスモだが、そのフォルムは今すぐ公道を走り出してもおかしくない現実感を纏っている。抜群のスペースユーティリティを誇っており、もし市販化となれば、多くのゴルファーにとって間違いなく魅力的な選択肢になりそうだ。

SHARE

BRUDER

BRUDER

この記事が気に入ったらいいね!しよう

BRUDER公式アカウントから最新情報をお届けします

LOOKBOOK

BRUDER SOCIAL

Webマガジン”ブルーダー”の
公式ソーシャルアカウント

BACK TO TOP

ページトップへ戻る
検索する検索する メニュー
閉じる